ウエストライフは2000年代前半、イギリス(UK)で爆発的な人気を誇ったアイルランド出身の5人組ボーカルグループです。

「Seasons In The Sun」はエバーグリーンな切ないメロディにじんわり心が温まる曲。

ノスタルジックな曲が好きな私にとって、死ぬまで聴き続けることが決定しているくらい思い入れの深い曲でもあります。

1999年のクリスマスウィークにUKでNo.1に輝いた「Seasons In The Sun」は、実はウエストライフのオリジナルソングではなく、カバー曲。

 

 

原曲はベルギー出身のシャンソン歌手、ジャック・ブレルが1961年に発表したフランス語の曲です。

1973年にそれを英詞でカバーして最初にヒットさせたのが、カナダのテリー・ジャックスという人。

ジャックスがカバーしたバージョンはアメリカで3週連続1位を獲得。この年の年間チャートでも2位になり、ウエストライフ以上の超特大ヒットを記録しました。

ウエストライフがカバーしたバージョンはジャックスのカバーに近いポップな雰囲気で、イントロなど所々にアイリッシュ風のアレンジも施されています。

 

↓Youtube【Westlife - Seasons In The Sun (Official Video)】

 

 

ジャック・ブレルの歌った原曲は「Le moribond(ル・モリボン)」という曲名で、直訳すると「瀕死の人」。

テリー・ジャックスやウエストライフのカバーバージョンとは違ってマーチングテンポで歌われるこの原曲は、失意のうちに死を迎える男の物語が歌詞になっています。

親友のエミール、神父の友人、知人のアントワーヌ、そしてアントワーヌと何度も浮気をした妻に最後の別れを告げる男。

男は、アントワーヌが妻の浮気相手であることを知り、お前のことは嫌いだったと言いながらも妻を大切にしてほしいと願う。

というような、かなりドロドロした内容なんですね。

 

さよならアントワーヌ、僕は君が好きじゃなかった
さよならアントワーヌ、僕は君が好きじゃなかった
僕は今にも死にそうなのに君は元気で悩みなんてなさそうだ
憂鬱でしかたないよ
さようならアントワーヌ、僕は死ぬ
春に死ぬなんて辛すぎる
僕は花が咲き乱れる場所に向けて出発し、魂には安らぎが訪れるはず
君は彼女の愛人だったんだから

君が妻の面倒を見てくれることは分かっているよ

笑ってほしい、踊ってほしい
狂ったように浮かれてほしい

僕を墓場に埋めるときは

これは原曲の一部を和訳したものですが、かなり暗い歌詞だと思いませんか?

なので、後にカバーしてヒットさせたジャックスはこの曲を評価しつつも『歌詞があまりに不気味』として歌詞を書き直しています。

書き直された歌詞のインスピレーションは、急性白血病を患って亡くなったジャックスの親友。

ジャックスがその友人に捧げた「Seasons In The Sun」はジャック・ブレルの原曲と同様に、死にゆく男が人生を共にした愛する人たちに最後の言葉を贈るという内容です。

しかしジャックスやウエストライフによるカバーバージョンでは、男は人生における自分の行動の善し悪しを認めながら安らかに息を引き取っているところが原曲と異なります。

失意のどん底で死んでいっただけの原曲とは違い、どちらかといえば心が温まるような救いのある終わり方かもしれません。

 

 

こちらはウエストライフがカバーした「Seasons In The Sun」の和訳です。

↓Songwriter(s)【Jacques Brel, Rod McKuen】

Goodbye to you, my trusted friend
We've known each other since we were nine or ten
Together we've climbed hills and trees
Learned of love and ABC's
Skinned our hearts and skinned our knees
きみにさようならを 僕の信頼した友達
僕たちは9歳か10歳の頃からお互いを知っていたね
一緒に丘や木に登ったりもしたし
愛やABCを一緒に学んだりもした

僕らはよく心と膝をすりむいたりしていたよね

 

Goodbye, my friend, it's hard to die
When all the birds are singing in the sky
Now that spring is in the air
Pretty girls are everywhere
Think of me and I'll be there
さよなら僕の友達 死ぬのは辛いよ
たくさんの鳥が空で歌ってる
春の息吹が感じられる
あちこちに可愛い女の子たちがいる

僕のことを思っていて 僕はそこにいるよ

 

We had joy, we had fun, we had seasons in the sun
But the hills that we climbed were just seasons out of time
僕たちは喜びと楽しさにあふれた太陽の季節を過ごしてきた

だけど僕らが登ったのは季節外れの丘ばかりだった

 

Goodbye, Papa, please pray for me
I was the black sheep of the family
You tried to teach me right from wrong
Too much wine and too much song
Wonder how I got along
さよなら父さん、どうか僕のために祈ってほしい
僕は家族の中の厄介者だった
あなたは僕に善悪を教えようとしてくれた
ワインを飲んでばかりだったし歌を歌ってばかりだったよね

どうやって暮らしていたんだろう

 

Goodbye, Papa, it's hard to die
When all the birds are singing in the sky
Now that the spring is in the air
Little children everywhere
When you see them I'll be there
さよなら父さん、死ぬのは辛いよ
たくさんの鳥が空で歌ってる
春の息吹が感じられる
あちこちに小さい子供たちがいる

あなたが子供たちを見ているとき、僕もそこにいるよ

 

We had joy, we had fun, we had seasons in the sun
But the wine and the song like the seasons have all gone
We had joy, we had fun, we had seasons in the sun
But the wine and the song like the seasons have all gone
僕たちは喜びと楽しさにあふれた太陽の季節を過ごしてきた
だけどワインも歌も、季節が過ぎ去るようにすべて消えてしまったんだ
僕たちは喜びと楽しさにあふれた太陽の季節を過ごしてきたけど

ワインも歌も、季節が過ぎ去るようにすべて消えてしまったんだ

 

Goodbye, Michelle, my little one
You gave me love and helped me find the sun
And every time that I was down
You would always come around
And get my feet back on the ground
さよならミッシェル、僕の可愛い子
キミは僕に愛を与え、僕が太陽を見つける手助けをしてくれた
そして僕が落ち込んでいるときはいつも
キミは近くに来てくれて

僕の心を落ち着かせてくれたよね

 

Goodbye, Michelle, it's hard to die
When all the birds are singing in the sky
Now that the spring is in the air
With the flowers everywhere
I wish that we could both be there
さよならミッシェル、死ぬのは辛いよ
たくさんの鳥が空で歌ってる
春の息吹が感じられる
いたるところに花が咲いている

一緒にその場所にいられたらよかったのに

 

We had joy, we had fun, we had seasons in the sun
But the hills that we climbed were just seasons out of time
We had joy, we had fun, we had seasons in the sun
But the wine and the song like the seasons have all gone
We had joy, we had fun, we had seasons in the sun
But the hills that we climbed were just seasons out of time
We had joy, we had fun, we had seasons in the sun
But the wine and the song like the seasons have all gone
僕たちは喜びと楽しさにあふれた太陽の季節を過ごしてきた
だけど僕らが登ったのは季節外れの丘ばかりだったね
僕たちは喜びと楽しさにあふれた太陽の季節を過ごしてきた
だけどワインも歌も、季節が過ぎ去るようにすべて消えてしまったよ
僕たちは喜びと楽しさにあふれた太陽の季節を過ごしてきた
だけど僕らが登ったのは季節外れの丘ばかりだった
僕たちは喜びと楽しさにあふれた太陽の季節を過ごしてきた

だけどワインも歌も、季節が過ぎ去るようにすべて消えてしまったんだ

 

 

ウエストライフは、1999年~2007年までの期間に14曲のシングルがUKで1位を獲得。

これによりUKで『シングルが1位になった曲数が多いミュージシャン』で3位になっています。

ちなみにウエストライフと同数で3位にクリフ・リチャード、2位はビートルズ、そして1位はエルヴィス・プレスリーです。

この結果だけ見ると、ウエストライフは世界中で大ヒットを飛ばしまくっていたように感じるかもしれませんが、実はアメリカではそれほど成功をおさめていません。

アメリカで最もヒットし、認知されている「Flying Without Wings」でもUSチャートで10位がピーク。

ウエストライフがデビューした翌年、1999年と言えばバックストリートボーイズの「I Want It That Way」が発売されて世界中で大ブームになっていた頃ですからね。

バックストリートボーイズの影に埋もれてしまったんでしょうか…。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事