スポンサーリンク

①ピアノをフィーチャーしたポップロック

高校時代の同級生たちで前身となるバンドを結成し、その後バンド名の改名を経てデビューしたのがアメリカのコネチカット州出身の6人組、The Last Goodnight(ザ・ラスト・グッドナイト)です。

デビュー前はアヴリル・ラヴィーンやライフハウスのオープニングアクトを務め、順調にファンを増やしていきました。

そして満を持して2007年に発表したデビューアルバム「Poison Kiss」。

残念ながらザ・ラスト・グッドナイトにとって最初で最後のアルバムになってしまいましたが、シングルになった「Pictures Of You」をはじめとしてピアノを前面に押し出したキャッチーで聴きやすい良曲ぞろい。

「Pictures Of You」はアメリカでは70位止まりでしたが、日本では全国FM19局でパワープレイに選ばれたこともある曲です。

アルバムを1枚しか出していないのでバンドの知名度は低いけど、恋愛映画の挿入歌としてもぴったりなシネマティックなメロディは一度聴けば虜になる人も多いんじゃないかなと思います。

↓Youtube【The Last Goodnight - Pictures Of You】

 

輸入盤はリンゴと蛇のヘヴィメタル風のCDジャケットになっています。このデザインからは耳なじみの良いポップソングはちょっと連想できないので、ジャケットで失敗した部分もあるかもしれないですね…。

 

②当時はマルーン5と比較されることも

当時、2ndアルバムを発表したばかりだったマルーン5と比較されることも多かったザ・ラスト・グッドナイト。

でも個人的には、マルーン5のようなブラック・コンテンポラリーやファンクの要素はあんまり感じられないからなのか、そんなに似てないような気が…。

ザ・ラスト・グッドナイトの方は例えるなら上質なポップロック。

ソウルやジャズからの影響も受けてはいるんでしょうけど、基本的には良くも悪くも万人受けするキャッチーなポップミュージックって感じだと思います。

 

スポンサーリンク

③オーストラリアではプラチナ認定に

「Pictures Of You」は本国アメリカのシングルチャートでは70位がピークなので、とてもヒットしたとは言いがたい曲。

ちなみにこの曲が最も受け入れられた国、それはオーストラリアです。

オーストラリアのチャートでは3位まで上昇し、プラチナ認定を受けるほどのヒットになりました。

クラウデッド・ハウス、エア・サプライ、サヴェージ・ガーデンなど数々のミュージシャンの出身国であり、ビージーズがブレイクを果たした国でもあるオーストラリア。

あんまり焦点を当てられることのない国だけど意外と日本人好みの曲が多いので、洋楽が好きなかたは一度オーストラリア出身のミュージシャンをチェックしてみるといいかもしれません。

 

④収録曲は120曲から厳選

ザ・ラスト・グッドナイトのデビューアルバム「Poison Kiss」には120曲から厳選された12曲が収録されています。

曲作りに費やした時間はなんと1年半。

どれもこれもがピアノの旋律を前面に押し出したメロディアスな曲ばかり。

さらっと聴ける短めの曲が多いのも特徴で、アルバム12曲中5曲が3分30秒以内、4分を超えるものにいたっては1曲も収録されていません。

特に日本では、彼らの2ndアルバムでのさらなる飛躍を期待したファンも多かったことと思います。

が、「Pictures Of You」をシングルで発売して以降はヒット曲に恵まれず、2ndアルバムをリリースすることなく契約を打ち切られてバンドは解散。

フロントマンのカーティス・ジョン以外は音楽業界からも姿を消してしまったそうです。

こんなにクオリティの高い曲がそろっているのに、音楽の世界はほんと厳しいですね…。

 

⑤「ピクチャーズ・オブ・ユー/ザ・ラスト・グッドナイト」歌詞の和訳

Songwriter(s) 【Jeff Blue,  Kurtis John,  Mike Nadeau】

This is the clock upon the wall
This is the story of us all
This is the first sound of a newborn child,
Before he starts to crawl
これは壁にかかっている時計
これは僕たち2人の物語
これは生まれたばかりの子供が出す最初の音なんだ,

這うことを覚える前にね

 

This is the war that's never won
This is a soldier and his gun
This is the mother waiting by the phone,
Praying for her son
これは決して勝つことのできない戦争
これは兵士 そして彼の銃
これは電話のそばで待っている母親さ,

彼女の息子に祈りながらね

 

Pictures of you, pictures of me
Hung upon your wall for the world to see
Pictures of you, pictures of me
Remind us all of what we used to be
キミの写真, 僕の写真
世界から見えるようにキミの壁に掲げよう
キミの写真, 僕の写真

昔の僕らのことを全て思い出させてくれるんだ

 

There is a drug that cures it all
Blocked by the governmental wall
We are the scientists inside the lab,
Just waiting for the call
どんな病気でも直せる薬がある
政府の壁に阻まれている
僕たちは実験室の中の科学者さ,

呼ばれることを待っているだけなんだ

 

This earthquake weather has got me shaking inside
I'm high up and dry
この地震の前兆のような天気が僕の心を震わせる

僕は高いところで乾ききっている

 

(繰り返し ★)

 

Confess to me, every secret moment
Every stolen promise you believed
Confess to me, all that lies between us
All that lies between you and me
打ち明けてほしい, 秘密にしている瞬間すべてを
キミが信じて盗まれた約束のすべてを
打ち明けてほしい, 僕たちの間にあるすべての嘘を

キミと僕の間にあるすべての嘘を

 

We are the boxers in the ring
We are the bells that never sing
There is a title we can't win no matter
How hard we might swing
僕たちはリングの上のボクサー
僕たちは決して鳴らないベル
絶対に勝ち獲れないタイトルがあるんだ

どんなにパンチを振り回しても

 

(繰り返し ★×2)

スポンサーリンク
おすすめの記事