①イケメンボーカルグループの元祖

バックストリート・ボーイズ、ウエストライフ、ワン・ダイレクションなどのイケメン実力派ボーカルグループの先駆者として90年代前半に活躍したテイク・ザット。

アコースティックで素朴なイントロで始まる美しいバラード「Back For Good (バック・フォー・グッド)」は1995年にリリースされ、31か国でNo.1を記録。

UKでは4週連続1位を獲得し、1995年度のUK年間シングルチャートでも4位に輝いたテイク・ザットの代表曲です。

 

 

ちなみにタイトルになっている『for good』は、『良い』って訳しちゃうとちょっと歌詞が繋がりません。

『for Good=永遠に、ずっと』っていう意味。

 

『Back for Good=ずっと戻っている』になるわけで、

タイトルにもなっている歌詞の意訳としては『もう永遠に離れないよ、ずっとどこにもいかないよ』みたいな言い回しがしっくりくると思います。

 

↓Youtube【Take That - Back for Good (Official Video)】

 

↓Songwriter(s)【Gary Barlow】

I guess now it's time for me to give up
I feel it's time
Got a picture of you beside me
Got your lipstick mark still on your coffee cup
Got a fist of pure emotion
Got a head of shattered dreams

Gotta leave it, gotta leave it all behind now

 

Whatever I said, whatever I did I didn't mean it
I just want you back for good
(Want you back, want you back, want you back for good)
Whenever I'm wrong just tell me the song and I'll sing it
You'll be right and understood
(Want you back, want you back, want you back for good)

I want you back for good

 

Unaware but underlined I figured out this story (No, no)
It wasn't good (No, no)
But in the corner of my mind (corner of my mind)
I celebrated glory
But that was not to be
In the twist of separation you excelled at being free
Can't you find
(Can't you find)

A little room inside for me

 

(繰り返し ★)

 

And we'll be together, this time is forever
We'll be fighting and forever we will be
So complete in our love

We will never be uncovered again

 

(繰り返し ★)

 

I guess now it's time, that you came back for good

きっと今が諦めるタイミングなんだろうね
僕はそう思うよ
僕のそばにはキミの写真がある
キミの口紅の跡が残ったコーヒーカップもある
純情な気持ちに揺さぶられて
バラバラになった夢の一部も見つけ出せたのに

置いていこう、今はすべてを置いていくんだ

 

僕が言ったどんなことも、僕がしたどんなことも、そんな意味じゃなかった
僕はキミが戻って来てずっとここにいてほしいだけなんだ
(戻って来て、戻って来て、ずっとここにいてほしい)
僕が間違っている時は歌を教えてくれるだけでいい 僕はその歌を歌うよ
キミはいつでも正しいし、理解もしてくれるから
(戻って来て、戻って来て、ずっとここにいてほしい)

戻って来てずっとここにいてほしいんだ

 

気づかないうちにアンダーラインが引かれていて、僕はこの物語のストーリーがわかってしまった
それは良くない内容だった
でも心の片隅では恋の盛り上がりを祝福していた
でもそれは違ったんだ
別れ際はこじれてしまったけどキミは自由が似合う性格だった
見つけてくれないか?

キミの心の中の小さな部屋を、僕のために

 

(繰り返し ★)

 

僕たちは一緒になれる、この時間は永遠に続くんだ
ケンカをしてもずっと一緒さ
そうして僕らの愛は完成する

僕たちは二度と無防備な状態にはならないよ

 

(繰り返し ★)

 

たぶん今この時こそが、僕のそばにキミが永遠に戻ってきた瞬間なんだ

 

 

②聴きどころはサビの超ソフトなファルセット

この曲はアメリカで唯一ヒット(7位)した曲で、なんといっても作詞作曲を担当したメインボーカリストのゲイリー・バーロウの歌声が最高。

特に印象的なのがサビでの地声とファルセットの滑らかすぎる使い分け。

私は車の中でこの曲を流しながら口ずさんでみたりすることもあったけど、こんなにスムーズに地声とファルセットをつなげることは出来なかったですね(笑)

カラオケで歌ったこともあるけど、想像以上に難しかったので1番だけ歌って演奏停止を押しました…。

 

 

後半のコーラス部分もこの曲の聴きどころ。

コーラスを歌うメンバーの中にはテイク・ザット解散後、ソロボーカリストとして大活躍することになるロビー・ウイリアムズもいます。

テイク・ザット時代はメインボーカリストであるゲイリーの陰に隠れてしまってた感は否めません。

でも、ロビーはソロデビューしてからというもの順調にスターダムへの階段を駆け上っていき、2005年には「21世紀に全英で最も売れたアーティスト」にも選ばれるほどの評価を受けるまでになっています。

随所で聴こえてくるハーモニーにあのロビーの声が混じっているって思うと、改めてすごいグループだったんだなって思っちゃいますね。

 

③ゲイリー・バーロウのソロデビューシングルもおすすめ

当時、テイク・ザットにハマってゲイリーのソロシングル「forever love」を買ったのも今となってはノスタルジーに浸れるいい思い出。

forever loveはシンプルなピアノの演奏をバックにゲイリーが切々と歌い上げるロマンティックなバラード。

歌詞はちょっと文学的というか哲学的というか解釈が難しいけど、荘厳さを感じるようなメロディと曲構成、そして切々と歌い上げるゲイリーのボーカルもすごく感動的で、結婚式の披露宴なんかにはピッタリな曲なんじゃないかと思います。

 

↓Youtube【Gary Barlow - Forever Love (Official Video)】

 

ちょっとテイク・ザットからそれるけど「forever love」が好きな人は、同系統の曲調を持ったボブ・カーライルの「Butterfly Kisses」も好きかもしれません。

以前書いた下のブログではそのボブ・カーライルを取り上げているので、よかったらのぞいてみて下さい!

 



↓ カテゴリ選択タブ ↓
洋楽
邦楽
イラスト
パソコン・暮らし
宇宙
IDDM (1型糖尿病)
おすすめスポット
おすすめの記事