スポンサーリンク

①収録アルバムの概要

  • 発売年:1995年
  • 収録アルバム:Let Your Dim Light Shine(レット・ユア・ディム・ライト・シャイン)
  • アルバム最高位:全米6位

 

Misery(ミザリー)」は私がソウル・アサイラムの名前を知ったきっかけになった曲。

イントロのギターアルペジオが感傷的で美しいバラードで、すべての洋楽の中でもかなり上位にくるくらい思い入れのある曲でもあります。

 

私が好きな他の洋楽と同じように「ミザリー」との出逢いも、高校生の時に見てた深夜の音楽番組『ビルボードTOP40』がきっかけ。

前の週とほとんど変わり映えしないランキングにちょっと眠くなってきて、テレビの電源を消そうとした瞬間に耳に入ってきたのがこの曲でした。

ランキングのコーナーだったのでその時はサビの短い部分しか聴くことができなかったけど、その部分を聴いただけで間違いなくこの曲のすべてが自分好みの曲だと直感。

 

そして次の週に同番組で奇跡的にピックアップされた「ミザリー」のフルPV。

イントロの切なく美しいメロディと、サビでパワフルになるギターの抑揚がドラマチックで、あっという間にこの曲の虜に。

たまたま好きな曲に出逢えた喜びで、心の中ではガッツポーズでした。

 

↓Youtube【Soul Asylum - Misery】

 

②個性的なデイヴ・パーナーの歌声

ボーカルのデイヴ・パーナーの鼻にかかった、ちょっとビブラート気味の繊細で切なげな歌声。

歌がうまいとか、きれいな声質という感じではないかもしれない。

だけどこの個性のある声も、玉石混交の時代にソウル・アサイラムが他のバンドに埋もれてしまうことなく活躍することができた要因の一つなんだと思います。

 

Aメロ、Bメロではギターの旋律がとにかく感傷的で、サビに入ると急にハードになるギターリフも私好みのアレンジでした。

レディオヘッドの歴史的名曲「Creep (クリープ)」もサビ前まではただひたすらに嫋(たお)やかで、サビに入った瞬間パワフルで切なげなギターサウンドにギアチェンジするところが印象的。

かなり強引に例えるとすれば、最初「ミザリー」を聴いた時のイメージはそれに近いものがあるかもしれません。

ただ、「クリープ」のようなサビ前の爆音のようなギターのミュートカッティングだとか、ギターの音に溺れて沈んでいくような感覚は「ミザリー」にはないですけどね。

 

スポンサーリンク

③かなり独特な表現の歌詞

歌詞の表現は独特です。

お互い惨めな気持ちでいれば僕たちはずっと付き合っていくことができるよね…みたいな感じの基本ネガティブな歌詞。

日本語で言うところの『類は友を呼ぶ』的な感覚に近いものがあるのかな?

 

『僕たちは工場を建てて惨めさを作っていくこともできる』

『僕たちはこれから惨めさを作っていくことで忙しくなるだろう』

 

とか、陰鬱で言い回しも個性的な部分が多いですね。

でも『惨めさから僕を救ってほしい!』って叫んでるサビは、ただただネガティブな歌詞ではなく光を求めてあがいてる感じもします。

 

 

歌詞でいまいちピンとこなかったのはサビ前とラストで何度も繰り返される、Frustrated Incorporated って部分。

Frustratedは『挫折』『失望』とかって意味で、Incorporatedは『会社』というような意味。

歌詞カードに付いている日本語訳はそのまま『失望株式会社』みたいな訳し方をしていたような気がします。

メロディが良くて英語だとカッコよく聴こえるけど、日本語に訳して歌うと少し違和感を感じてしまう曲かもしれません。

 

↓「Misery」 Songwriter(s)  -  Dave Pirner

They say misery loves company
We could start a company
And make misery
人は悲惨な状況になると仲間を欲しがるって言うだろ
俺たちで会社を始めて

惨めさを作りだすこともできるかもしれない

 

Frustrated Incorporated

失望製造会社

 

Well I know just what you need
I might just have the thing
I know what you'd pay to see
そうさ、俺にはキミが必要としているものが分かってる
俺はそいつを持っているかもしれない

キミがそれを見るために代償にするものも俺にはわかるんだ

 

Put me out of my misery
I'd do it for you, would you do it for me?
We will always be busy
making misery
俺を惨めさから救い出してくれ
キミのために俺もやるから、キミも俺のためにやってくれないか?
俺たちはこれから常に忙しくなるだろう

惨めさを作りだしていくことでね

 

We could build a factory
And make misery
We'll create the cure
We made the disease
俺たちは惨めさを製造するための工場を
建てられるかもしれない
俺たちは治療法を見つけることができるだろう

病気を生み出したのは俺たちなんだから

 

Frustrated Incorporated
Frustrated Incorporated
失望製造会社

失望製造会社

 

Well I know just what you need
I might just have the thing
I know what you'd pay to feel
そうさ、俺にはキミが必要としているものが分かってる
俺はそいつを持っているかもしれない

キミがそれを感じるために代償にするものも俺にはわかるんだ

 

Put me out of my misery
All you suicide kings and your drama queens
Forever after happily
Making misery
俺を惨めさから解放してくれ
誰もが自殺の王であり、誰もがドラマに出るような騒々しい女優なのさ
いつまでも幸せに

惨めさを作りだしながらね

 

Did you satisfy your greed
Get what you need?
Was it only envy?
So empty
キミの強欲は満たされたのか?
欲しいものは手に入ったのか?
それはただの妬みだったのか?

とても虚しいことだよな

 

Frustrated Incorporated
Frustrated Incorporated
(Put me out of my misery)
Frustrated Incorporated
(I'd do it for you, would you do it for me)
Frustrated Incorporated
(Forever after happily)
(I know just what you need)
失望製造会社
失望製造会社
(俺を惨めさから救い出してくれ)
失望製造会社
(キミのために俺もやるから、キミも俺のためにやってくれないか?)
失望製造会社
(いつまでも幸せに)

(俺にはキミが必要としているものが分かってる)

 

Frustrated Incorporated
(Put me out of my misery)
(I might just have the thing)
Frustrated Incorporated
(Put me out of my misery)
(I know just what you need)
Frustrated Incorporated
失望製造会社
(俺を惨めさから解放してくれ)
(俺はそいつを持っているかもしれない)
失望製造会社
(俺を惨めさから解放してくれ)
(俺にはキミが必要としているものが分かってる)

失望製造会社

 

 

④最大のヒット曲「Runaway Train(ラナウェイ・トレイン)」

ソウル・アサイラムが一躍有名になったきっかけは「Runaway Train(ラナウェイ・トレイン)」という曲。

1992年にリリースされた6枚目のアルバム「Grave Dancers Union(グレイヴ・ダンサーズ・ユニオン)」に収録されたこの曲は、全英、全米ともにトップ10入りの大ヒットを記録しました。

 

しかし、たぶんこの曲がヒットした理由は曲の良さだけではありません。

ラナウェイ・トレイン」のPVは、誘拐や家出で行方不明になっている子供たち本人の映像が名前、行方不明になった年と一緒に映し出されるというセンセーショナルな内容でした。

このことも大きな反響を呼び、曲がヒットしてPVが流れることが多くなった結果、PVに表示されていた電話番号にたくさんの通報が来て多くの子供の所在が判明。

音楽が具体的な形で人を救ったっていう意味でも名曲だと思います。(※現在のYouTubeオフィシャルPVでは電話番号表示はカットされてるみたいです)

 

↓Youtube【Soul Asylum - Runaway Train】

 

スポンサーリンク
おすすめの記事