スポンサーリンク

①1989年にアメリカで結成されたジェリーフィッシュ

  • 発売年:1993年
  • アルバム名:Spilt Milk(こぼれたミルクに泣かないで)
  • アルバム最高位:全米164位、全英21位

 

ジェリーフィッシュは、アンディ・スターマー (Vocal/Drum) とロジャー・マニング (Piano/Keyboard/Guitar) によりアメリカのサンフランシスコで結成された4人組ポップロックバンド。

1993年リリースの2ndアルバム『Spilt Milk(こぼれたミルクに泣かないで)』は今でこそデコレーションポップの金字塔としてめちゃくちゃ評価されているアルバムですが、ランキング最高位はUKで21位。

ジェリーフィッシュの出身国であるアメリカに至っては164位と商業的にはまったく成功することなく、こんなにハイクオリティな2ndアルバムが実質上のラストアルバムになってしまいました。

 

控えめに言っても名曲ポップソングばかりの『こぼれたミルクに泣かないで』ですが、強いて1番好きな曲を挙げるとしたら8曲目の「All Is Forgiven (優しく許して)」です。

この曲は偉大なシューゲイザーバンド、マイ・ブラッディ・バレンタイン的なノイズサウンドをジェリーフィッシュ風デコレーションポップに取り入れた異色作。

マイブラが好きな人も、そうじゃない人にもぜひ一度は聴いてほしいノイズポップの傑作です!

 

↓Youtube【All Is Forgiven】

 

 

↓【All Is Forgiven】Songwriter(s) - Andy Sturmer,  Roger Manning

Heal me darling
Pleaded the playboy bedroom eyes
Grace your sunshine
Till everything's ok, alright, fine
僕を癒してほしい
男をその誘惑的な目で虜にする人
キミの太陽を美しく輝かせて

全てが上手くいくまで

 

What's hers is his
Cause everything is forgiven,
Forgiven
Though he soured the milk of human kindness
All is forgiven (all is forgiven)
彼女のものは彼のもの
全ては許される、
許されるのだから

彼は人の優しさとしてのミルクを腐らせてしまったけれど

全ては許されるのだから(全ては許される)

 

Truth and avarice
Encircle his words like a barberpole
Twisted and useless
Till they disappear in her camisole
(goodnight alibi)
真実と欲深さが
理髪店のサインポールのように彼の言葉を包み込む
ねじれてしまって使い物にならない言葉が
彼女のキャミソールの中に消えていくまで

(おやすみのアリバイ)

 

Throw way your daggers and pills
Cause everything's still forgiven,
Forgiven
Though he bit off the nipple of human kindness
All is forgiven
短剣も薬も棄ててしまおう
全てはまだ許されるのだから
許されるのだから
彼は人の優しさの乳首を噛み切ってしまったけれど

全ては許されるのだから

 

Hypocrite, four flusher, snake in the grass
Just a swindler and wolf in sheep's clothing,
Liar
偽善者、虚勢を張るヤツ、信用できない人間

ただの詐欺師、羊の皮を被った狼、嘘つき

 

Yes he tries to hide the cross he bears
But splinters, like the truth have always risen
All is forgiven
そうさ、彼は自分の背負っている十字架を隠そうとしているけど
真実が常に明らかになるみたいに、一部が見えているんだ

全ては許される

 

Though he shelters himself in the
Shade of the wings of a stool pigeon,
All is forgiven
おとりになった鳩の翼の陰に彼は身を隠しているけれど

全ては許されるのだから

 

②アルバム全曲紹介

  1.  おやすみ / Hash

ハッシュっていうのは「静かにさせる」みたいな意味。
ここでのハッシュは「しーーっ」っていう静かにしてもらいたいときに使うあれです。

子守歌調のゆったりした短い曲ですが多重録音を使っている実験的な曲。

  2.  ファンクラブに入るなら / Joining a Fan Club

この曲は全体的にスローテンポの曲だけど、メロディのキャッチーさは群を抜いています。
最初のサビまではキーボードとドラムが控えめに演奏。
サビに入ってから他のメンバーがポップなグルーヴを発揮し、中盤から終わりまでは魅惑のクイーン風コーラスワークが続きます。
ライブ映像だと最初のサビに入る瞬間にキーボードのロジャー・マニングがいつの間にかギターに持ち替えてます。
その後もちょくちょく演奏する楽器を変えているのがすごい。

そう言えば、ヴァン・ヘイレンのエディも演奏中にギターとキーボードをチェンジしてたような気がします。

  3.  セブリナとペーストとプラトンと / Sebrina, Paste, and Plato

ディズニーランドでかかっていても違和感がないくらい、ドリーミーで軽やかな曲。
セブリナという単語に特に意味はないらしく、ロジャーがなんとなく思い付きで『セブリナが穏やかにしてくれる』と言った言葉をそのままタイトルにしたらしいです。

普通の人にはなかなかない発想ですね…。

  4.  ニュー・ミステイク / New Mistake

このアルバムの中で1,2を争うくらい圧倒的にポップ&メロディアスな曲。
アンディの鼻にかかったファルセットから入るサビが印象的な、ポップス史に残すべき名曲です。
メロディもボーカルラインも軽やかでテンポが良く、聴いていてとても心地いいんですよね。

歌詞の量も多めでリズミカルに畳みかけてくる感じなので、何度聴いてもマンネリすることなくリピートし続けられるタイプの曲だと思います。

  5.  憐れみの王様 / Glutton of Sympathy

完成してから4年間発表されずにこのアルバムに収録された曲。
他の曲と比べてかなりシンプルに仕上げられていますがメロディはちゃんとジェリーフィッシュしてます。

「ニュー・ミステイク」の賑やかな雰囲気が終わった瞬間、イントロなしで始まる冒頭のボーカルにはハッと息を飲んでしまいます。

  6.  スーパースターに救いの手を / The Ghost at Number One

もともと別の曲として作り上げられていたものを一つにつなぎ合わせたような展開の曲。
ちなみにスーパースターとは、プリティウーマンの映画の曲で有名なロイ・オービソンのこと。

シングルに選ばれるのが当然だと思えるくらいノリがよくて聴きやすい曲で、やはりこの曲でも軽やかで楽しいコーラスが満載です。

  7.  バイ・バイ・バイ / Bye Bye Bye

この曲はちょっと他の曲と雰囲気が違います。
ポップはポップだけど、色合いが他の曲みたいなカラフルな感じではなくちょっと哀愁を帯びた切ない色。
一体何色持ってるんだ?と思わせるくらい色んな角度からポップソングを作れる才能はさすがとしか言いようがありません。

アコーディオンとか、民族楽器のバラライカとか、この曲だけで使われている楽器が独特な雰囲気を作っているんでしょうね。

  8.  優しく許して / All Is Forgiven

My Bloody Valentine(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)というシューゲイザー系のバンドを意識しているのが完全にわかる曲。
ジェリーフィッシュがノイジーに演奏するとこんな音になるのかとびっくりしました。
マイブラ、ジェリーフィッシュ、お互いの個性を上手く掛け合わせた完全な成功例。

途中で瞬間的に取り入れられているクイーン風のコーラス(特に最初のサビの直後!)はライブで合わせるのは激ムズなんじゃないでしょうか?

  9.  ラッシャン・ヒル / Russian Hill

この曲だけアンディ単独の作詞作曲でロジャーが関わっていないのも関係してるのかもしれませんが、ちょっと他の曲と雰囲気が違います。
バンドの方向性とは違う感じだけど自分の作ってみたかった曲を入れてみたという感じかも。

しっとりと落ち着いた曲でジェリーフィッシュのフックの効いたポップさはあんまり感じられないかもしれませんが、アルバムの他の曲を聴きまくった後に改めて聴くと良さがわかると思います。

10.  彼は僕のともだち / He's My Best Friend

シングルとして売れるようなメロディアスさはなく、歌詞の内容的にファン向けの曲でもあるのかもしれません。

小さなころからの友達との友情がストーリーになっています。

11. 言葉にさよならを / Too Much, Too Little, Too Late

聴いた回数で言えば「All Is Forgiven」と同じくらいこのアルバムで聴いてきた曲です。
落ち着いた雰囲気のバラードでこんな風にポップに仕上げられる才能には脱帽してしまいます。
コーラスのアレンジも見事としか言いようがありません。
特に最後のサビの部分のコーラス部分が私は好きで、その部分が聴きたいがために一時期アルバムでこの曲ばかり聴いていることもあったほど。

アンディは瞬間的に自然なファルセットを入れるのがホントに上手いと思います。

12. あしたがあるから / Brighter Day

このアルバムで使われた全ての楽器が使われているだけあって、かなりワイワイした感じに仕上がっています。

他の曲がポップ過ぎるのであまり目立たないかもしれませんが決してクオリティは低くないし、ここでのコーラスワークも見事です。

 

スポンサーリンク

③完成度の高いコーラスワーク

ジェリーフィッシュは全員がメインボーカリストとして歌えるくらいの歌唱力を持っている、クイーンのようなバンドです。

とことんカラフルで、ポップのバルブを全開にしたかのように溢れ出てくるメロディアスでキャッチーな曲も彼らの魅力ですが、それぞれの歌唱力を活かしたコーラスワークも最高。

クイーンみたいにオペラ的で重厚な感じじゃなくて、ジェリーフィッシュはカラフルで楽しい雰囲気のコーラスワークという違いはあるかもしれないけど、『こぼれたミルクに泣かないで』でも随所にクイーンを意識した部分があるのがすぐにわかると思います。

 

 

『こぼれたミルクに泣かないで』は1stアルバムに比べ、かなり賑やかなサウンドが特徴。

そこで1stアルバムが好きか2ndアルバムが好きか分かれるところだと思いますけど、どちらかと言えば私はこのゴテゴテしてきらびやかな音の2ndが好み。

でも1stアルバムも「The Man I Used To Be」「She Still Loves Him」みたいに、2ndよりシンプルだけどポップセンスは爆発してる曲が目白押しなので、結局は2枚のアルバムを交互に聴く感じだったかもしれません。

 

④立ったまま演奏する個性的なドラムプレイ

ボーカルでドラムのアンディ・スターマー。

その演奏をライブ動画で見るとわかりますが、立ったままドラムを叩いて歌うっていうちょっと珍しい演奏スタイル。

動画によっては座って叩いているのもありますけどね。

今まで私が見てきたボーカル兼ドラマーは、カーペンターズのカレン・カーペンターだったり、イーグルスのドン・ヘンリーだったり、ビートルズのリンゴ・スターだったり、ジェネシスのフィル・コリンズだったり。

みんなちゃんと座ってドラムを叩いてました(笑)

今現在、私は立ったままドラムを叩くボーカリストはアンディ以外見たことがないです。

今後ジェリーフィッシュのフォロワーバンドが出てきてマネしてくれないかな、ってちょっと期待してる部分もあるかも…。

 

⑤たった2枚のスタジオアルバムで解散

このアルバムからは「New Mistake(ニュー・ミステイク)」「The Ghost at Number One(スーパースターに救いの手を)」の2曲がシングルになっています。

 

シングルランキング最高位
  • New Mistake(ニュー・ミステイク)          ・・・全英55位
  • The Ghost at Number One(スーパースターに救いの手を)・・・全英43位

 

という感じで、全英でちょっと売れたけど本国のアメリカではほとんど受け入れられず。

「The Ghost at Number One」はアメリカビルボードのモダンロック部門ではトップ10に入ってるんですけどね…。

 

 

『こぼれたミルクに泣かないで』の制作では、それまでメンバーだったギタリストとベーシストの2人が脱退しています。

ベーシストだけは見つかったけど、正式なギタリストに関しては不在のままレコーディング。

なのでギターはスタジオミュージシャンが演奏していますが、『こぼれたミルクに泣かないで』の完成後にエリック・ドーヴァーがギタリストとして正式に加入。

そしてこのエリック・ドーヴァーは、ジェリーフィッシュ解散後にキーボードのロジャー・マニングの2人でImperial Drug(インペリアルドラッグ)というバンドを結成。

『こぼれたミルクに泣かないで』のテイストをもう少しハードにした感じだけど、ジェリーフィッシュが好きな人にならかなりおすすめできるんじゃないかなと思います。

 

↓Youtube【Imperial Drag, "'Breakfast' by Tiger (Kiss It All Goodbye)"】

 

⑥YUKIの「プリズム」はアンディ・スターマーが作曲

実は、1996年に日本のオリコンチャートで12週連続1位を記録した「アジアの純真」で有名なパフィーの名付け親は、ジェリーフィッシュのアンディ・スターマー。

日本との関係で言えば、アンディは他にも元JUDY AND MARYのYUKIのソロ「プリズム」の作曲編曲を手掛けたりもしています。

私はこの「プリズム」が発売された当時、そのメロディの美しさにひと耳惚れしてCDを購入してました。

「プリズム」にハマった何年か後にジェリーフィッシュのアンディが関わっていたことを知り、なぜ「プリズム」に一瞬で魅力を感じたのか妙に納得したような気がします。

 

↓Youtube【 YUKI『プリズム』】

 

スポンサーリンク
おすすめの記事