スポンサーリンク

①デビューアルバムで第58回グラミー賞にノミネート

1990年生まれ、イギリス出身のシンガーソングライターのJames bay(ジェイムス・ベイ)が発表したデビューアルバム「Chaos and the Calm(カオス・アンド・ザ・カーム)」。

2015年にイギリスでリリースされたデビューアルバムを対象としたランキングで2位、この年発売の全てのアルバムの中でも8位の売り上げを達成し、全英1位、全米15位となる大ヒットを記録。

このアルバムは第58回グラミー賞で最優秀ロックアルバム賞にノミネートされ、シングルの「Hold Back The River」では最優秀ロックソング賞にもノミネートされました。

さらにこのときのグラミー賞では一度しか受賞のチャンスがない、難関の最優秀新人賞候補にも選出され、一気にブレイクを果たしたジェイムス・ベイ。

「Hold Back The River」はそのデビューアルバムからの1stシングルとして2014年に発売された曲。

一音一音が丁寧につまびかれるような哀愁あるギターの旋律と、自分の人生を振り返って一言一言かみしめるように歌うジェイムス・ベイの渋く、力強い歌声が心を揺さぶる魂のバラードです。

↓Youtube【James Bay - Hold Back The River】

②曲に込められたジェイムス・ベイの想い

「一緒に育った人たちに対する愛を歌った曲。クレイジーな忙しさを止めて、自分のペースを取り戻して、僕が大切に思っている人たちとの時間を過ごしたいという気持ちを伝えたかった。」

そんな風にジェイムス・ベイ自身が後に語っているこの曲に、大げさなアレンジは感じられません。

静かな力強さを感じる前半からだんだんと感情がたかぶっていき、塞き止めていた感情があふれ出したかのような叫びに変わるソウルフルなボーカル。

初めてこの曲を聴いたとき、歌詞の意味はわからないはずなんだけどなぜか心に響いてくる。

そして歌詞の意味を知ってさらに心が熱くなる。

最後のサビで「涙を止めてくれ」と言いながらすでに号泣しているんじゃないかと思ってしまうほど、哀愁が強烈に伝わってくるジェイムス・ベイのボーカルは正に圧巻。

一見するとアコースティックなギターの弾き語りっぽい音楽性を想像する風貌だけど、声はどちらかというとロックっぽいかな?

泣きたい気持ちを無理やり抑えようとする不安定な感情とリンクしたような、かすかにビブラートがかかった歌い方も胸に突き刺さります。

スポンサーリンク

③音楽を始めたきっかけは「愛しのレイラ」

ソウルミュージック好きの母親とローリングストーンズなどのロックミュージックを敬愛する父親の間に生まれたジェイムス・ベイ。

11歳のときに父親の勧めで聴いたデレク・アンド・ザ・ドミノスの「愛しのレイラ」のイントロでギターの虜に。

16歳のときには自分のギターで酔っぱらいを黙らせることができるかどうかを試すためにパブで弾き語りを始めるようになり、その後ロンドンのパブでの弾き語りが音楽関係者の目にとまってデビューを果たしています。

もしかしたら、「Hold Back The River」の後半のシャウト気味のボーカルスタイルは、感情を爆発させた「愛しのレイラ」に無意識に影響を受けているのかも。

 

ジェイムス・ベイは、自分の作った曲を聴いたときに幸せな気持ちになるか悲しい気持ちになるかは問題じゃなくて、ただただ感動してほしいと語っています。

「Hold Back The River」の歌詞は幸せな内容ではないでしょうけど、涙を誘う素晴らしいメロディとボーカルを聴いて幸せな気持ちになれる人はきっと多いんじゃないでしょうか?

④「ホールド・バック・ザ・リヴァー/ジェイムス・ベイ」歌詞の和訳

「Hold Back The River」は直訳だと「川の流れを止める」ですが、この曲の中では「涙を止める」の意味で使われているんだと思います。

デビューアルバムに収録されている曲はすべてジェイムス・ベイ自身の18歳~24歳までの人生をテーマに書かれているとのこと。

ジェイムス・ベイの歩んできた人生を想像しながら聴くと、さらに歌詞が深いものに感じられますね。

 

↓Songwriter(s)【James Bay / Iain Archer】

Tried to keep you close to me
But life got in between
Tried to square not being there
But think that I should have been
キミの近くにいようと頑張った
だけど人生が邪魔をする
そばにいられなくても誠実でいようとしたけど

思うんだ 僕はキミの近くにいるべきだったんじゃないかって

 

Hold back the river, let me look in your eyes
Hold back the river, so I
Can stop for a minute and see where you hide
Hold back the river, hold back
涙が出るのを止めてくれ キミの目を見つめさせて
涙が出るのを止めてくれ そうしたら僕は
時間を一瞬止めることができてキミの隠れた場所がわかるんだ

涙を止めてくれ, 止めてくれ

 

Once upon a different life
We rode our bikes into the sky
But now we're caught against the tide
Those distant days are flashing by
昔は違う人生だった
俺たちは自転車で空まで駆け上がっていたけど
今は逆流する潮の流れで身動きがとれない

そんな遠い日々が浮かんでは消えていく

 

(繰り返し ※×2)

 

Lonely water, lonely water, won't you let us wander
Let us hold each other
Lonely water, lonely water, won't you let us wander
Let us hold each other
寂しい川よ, 寂しい川の流れよ, 俺たちを彷徨わせてくれないか
互いに抱き締めさせてほしいんだ
寂しい川よ, 寂しい川の流れよ, あてもなく漂わせてくれないか

寄り添い合わせてくれないか

 

(繰り返し ※×2)

 

(繰り返し ★)

スポンサーリンク
おすすめの記事