「In This Country」を歌っているのはチープ・トリックのボーカリスト、ロビン・ザンダー。

聴いた瞬間、自分の人生の回想シーンが始まってしまうくらいノスタルジー全開なイントロのリフが印象的な曲です。

ちなみにノスタルジーとは「過ぎ去った過去、故郷などを懐かしく思う気持ち」を意味するフランス語で、英語ではノスタルジアと言うらしい。

そして「In This Country」のメロディは私にとってノスタルジーそのもの。

胸が締め付けられるほど強烈に懐かしい気持ちに浸りながら、若かったあの頃に想いを馳せて現実逃避することができる思い出の一曲です!

 

↓Youtube【Robin Zander - In This Country】

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

 

「In This Country」でのロビンの歌い方は、チープ・トリック時代にバンド唯一の全米No.1に輝いた名バラード「The Flame(永遠の愛の炎)」とはちょっと違う。

アーシーなしゃがれ声で、かなり男臭い。

ロビンがチープ・トリックのボーカリストだってことを知らなければ、同じ曲を歌っているボーカルだとわからない人もいるかもしれません。

そういうこともあってか、ロビンのソロ1stアルバムより前に発売された曲ではあるものの1stアルバムには未収録。

アルバムに入れると浮いてしまうからかもしれないけど、ファンとしては入れてほしかったかも。

『七色の声を持つ男』と言われたロビンの本領が遺憾なく発揮された曲だし、なんといってもこんなにいい曲なんですから…。

 

 

歌詞は『この国では俺たちの心は開かれているんだ』と信じ、夢に向かって延びる果てしない道を自分の心のままに進もうとする男の旅立ちの気持ちを表現しています。

派手さはないけどスケール感があってじわじわと感動が胸に広がるタイプのメロディで、日本ではあまり知られてない曲だとは思うけど、ビールのCMとかで起用されるようなことがあれば確実に多くの人の心をつかむことができる曲だと思います。

 

↓Songwriter(s)【Giorgio Moroder , Tom Whitlock】

The miles go by
Like water under the bridge
Reach for tomorrow
With the new sunrise
The road before us
Leading to what we need
Right from the start
Follow your hearts
Giving more than we receive
橋の下を流れていく水のように
何マイルも過ぎていく
新たに昇る朝日とともに
明日を目指して走るんだ
僕らの目の前にある道は望むものに繋がっている
最初から始めよう
自分の心のままに

受取ることよりももっと多くのものを与えるんだ

 

'Cause in this country
Our hearts are open
We are free to try again
When we see
What will be
Again we believe
だってこの国では
俺たちの心は開かれているから
俺たちがまた挑戦してみるのも自由なんだ
未来が見えたとき

俺たちはまた信じることができるだろう

 

A travel on an open road
To the future today
A restless heart
Knows when he's ready to go
The never-ending miles unfold
As far as I can see
Right from the start
Follow your heart
No matter where the path may lead
拓かれた道を進む旅は
今日からずっと先の未来へと続いている
落ち着くことのない心は
今が旅立つ時だということを知っている
どこまでも終わることなく続く道が
見渡す限り広がっている
1から始めよう
自分の心に従って

その道がどこへ繋がっていようとも

 

'Cause in this country
Our hearts are open
We are free to fly again
When we see
What will be
Again we believe
だってこの国では
俺たちの心は開かれているから
俺たちがもう一度羽ばたくのも自由なんだ
未来が見えたとき

俺たちはまた信じることができるだろう

 

You know the road is to tomorrow
Will you ride along with me again ?
Give my life for yours
If you only say the word
From the past to the new
Giving more than you receive
その道は未来へと通じているんだよ
また俺と一緒に乗っていくかい?
もしキミがその言葉を言ってくれたら
俺の人生をキミに捧げよう
過去から新しい時代へと

受取ることよりももっと多くのものを与えるんだ

 

(繰り返し ※ → ★)

 

もともと「In This Country」は、1987年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演の映画『オーバー・ザ・トップ』のサウンドトラックに収録された曲です。

さらに日本では1991年、1992年、ブームが絶頂だったころの『フジテレビ系F1グランプリ』のエンディングテーマにも起用された曲なので、たぶん映画よりもF1のイメージが強い人が多いんじゃないかなと思います。

当時のF1ブームの火付け役と言えば、日本のバラエティ番組でも活躍していたアイルトン・セナ。

セナが1994年のサンマリノグランプリで首位を走行中にコーナーの壁に衝突し、帰らぬ人となってしまったあの事故はF1にそれほど興味がなかった私にとってもかなりショッキングでした。

私がこの曲のCDを買ったのはシングルCDのサイズがまだ8cmで、ジャケットが細長かった時代。

今も手元にあるこのシングルを見ると、ノスタルジックなメロディとあの悲劇的な事故がリンクしてセンチメンタルな気持ちになってしまいます。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事