スポンサーリンク

①収録アルバム情報

  • 発売年:1993年
  • 収録アルバム:The Wedding Album(ザ・ウェディング・アルバム)
  • アルバム最高位:全英4位、全米7位

 

②80年代のMTVで大活躍

Duran Duran(デュラン・デュラン)はニューロマンティックブームの先駆者として80年代のMTVシーンで大活躍したイングランド出身のバンド。

見た目は超絶イケメンだけど、そのビジュアルを抜きにしても間違いなく売れていたに違いないほどの歌唱力と演奏のクオリティ。

そしてキャッチーでラジオ受けしそうな曲が多いのもDuran Duranの特徴です。

 

6thアルバム「Liberty(リバティ)」が商業的に失敗。人気が薄れて落ち目だと思われていた中で発表され、起死回生を果たしたシングル「オーディナリー・ワールド(Ordinary World)」

イントロから壮大で美しいこの曲は、1993年リリースの7thアルバム(正式なアルバムタイトルはDuran Duranだけど通称はThe Wedding Album)に収録。

シングルチャートでは全英6位、全米3位を記録しています。

こうして「オーディナリー・ワールド」を引っさげて音楽シーンに華々しく復活したデュラン・デュランは、この曲の成功によって新しい世代のファンも獲得して人気を不動のものにしていきました。

 

↓Youtube【Duran Duran - Ordinary World (Official Music Video)】

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

 

Songwriter(s) - Simon Le Bon,  John Taylor,  Nick Rhodes,  Warren Cuccurullo

Came in from a rainy Thursday on the avenue,
Thought I heard you talking softly
I turned on the lights, the TV and the radio
Still I can't escape the ghost of you
雨が降る木曜日に大通りからやって来たら
キミが穏やかに語りかけてきたように思えた
俺は部屋の灯りを点けて、テレビとラジオの電源も入れたけど

まだキミの亡霊から逃れられない

 

What is happened to it all?
Crazy some say
Where is the life that I recognize?
Gone away
いったい何が起こったんだ?
俺のことを狂ってると言うヤツもいる
見覚えのある生活はどこに行った?

すっかり消え去ってしまった

 

But I won't cry for yesterday
There's an ordinary world somehow I have to find
And as I try to make my way to the ordinary world
I will learn to survive
だけど昨日を引きずって泣くことはないだろう
どうしても見つけるべき普通の世界があるから
そして俺はそこへたどり着く道を切り開き

生き延びることについて学ぶのさ

 

Passion or coincidence
Once prompted me to say
"Pride will tear us both apart"
Well now pride's gone out the window,
Cross the rooftops, run away,
Left me in the vacuum of my heart
情熱か、それとも偶然かに促され
前に俺は言ったことがある
"プライドが俺たちの間を引き裂くだろう" と
だが今ではそんなプライドも窓から出て行き、
屋根を横切り、走り去ってしまった

俺を心の中の空白に置き去りにして

 

What is happening to me?
Crazy some say
Where is my friend when I need you most?
Gone away
いったい何が起こったんだ?
俺のことを狂ってると言うヤツもいる
一番必要としている時に友人はどこに行ってしまったんだろう

いなくなってしまったよ

 

(繰り返し ★)

 

Papers in the roadside tell of suffering and greed,
Feared today forgot tomorrow
Here beside the news of holy war and holy need
Ours is just a little sorrowed talk
Blown away
Just blowing away
道端に落ちている新聞は苦悩や強欲について教えてくれるけど
今日は恐怖を感じても明日には忘れてしまうだろう
他に載っているのは聖なる戦いや聖なる欲求についてのニュース
それに比べたら俺たちのことなんて
吹き飛んでしまうようなちょっと悲しい話でしかないんだ

吹き飛んでしまったのさ

 

And I don't cry for yesterday
There's an ordinary world somehow I have to find
And as I try to make my way to the ordinary world
I will learn to survive
だから昨日を引きずって泣いたりはしない
どうしても見つけるべき普通の世界があるから
そして俺はそこへたどり着く道を切り開き

生き延びることについて学ぶのさ

 

Any World is my World
Every World is my World
どんな世界も俺の世界

すべての世界が俺の世界

 

 

スポンサーリンク

③ソニーMDウォークマンのCMソング

バラードには80年代、90年代の洋楽を積極的に聴かない日本人でも好きになれそうなフックの聴いたバラードと、洋楽を知らない日本人には受け入れられなさそうなバラードがあると思うけど、この曲はたぶん後者。

友達や彼女とドライブ中にこの曲を流したとしても、

 

『良い曲だね』

 

って言う人は少ないような気がします。

 

 

ラストの大サビ?まで歌唱とメロディにそれほど大きな抑揚がないから、

 

『良い曲だけどサビがいまいちピンとこないなあ』

 

っていうのがこの曲を高校生で初めて聴いた時、私が感じた印象。

なので、ぶっちゃけ当時は「オーディナリー・ワールド」を自分から好んで聴くことはなかった。

 

 

だけど初めて聴いてから約3年後の1998年、大学生になった私がテレビを見ていた時にふと流れたソニーのMDウォークマンのCM。

 

『この曲どこかで聴いたことがあるような…?』

 

と思って画面を見ると右下に【♪Duran Duran】という表示が。

すぐにそれが昔聴いたことのある「オーディナリー・ワールド」だとわかったと同時に心の中で思いました。

 

『あれ?こんな良い曲だったっけ…?』

 

この曲に再会した時は昔よりもいろいろなアーティストの曲を聴いてきて、耳が少し肥えたのもあったのかもしれません。

まあ、美しいCMの映像込みで聴いたのも少なからず影響したとは思いますけど。

 

④真綿で首をしめられるようにじわじわと魅力にハマる

個人的に「オーディナリー・ワールド」のハイライトは、イントロと最後のサビ前に演奏されるウォーレン・ククルロのギターソロのパート。

デビュー当時からのギタリストだったアンディ・テイラーに変わり、前作のアルバム「リバティ」から正式にメンバーに加入しているマッチョなギタリスト、ウォーレンのギターの旋律が本当に素晴らしい。

自分が邦楽も含めて今までどれくらい多くの曲を聴いてきたのかはわからないけど、今まで聴いてきた曲の中で一番好きなイントロを挙げろと言われて真っ先に思い浮かぶのは「オーディナリー・ワールド」なんですよね。

 

 

イントロと最後のサビ前でギターのメロディはたぶん一緒。ウォーレンはイントロでは繊細に、最後のサビ前では情感たっぷりに弾いています。

そしてイントロでのギターも印象的なんだけど、ラストのサビ前のギターソロが鳥肌モノ。

薄暗い雲の隙間から急に光が差し込んだかのように感動的で、そこまではどちらかというと "しんみり" とした雰囲気だった曲が一気に壮大で幻想的に展開していく。

 

 

『真綿で首をしめられるようにじわじわと曲の魅力にハマってしまう』

「オーディナリー・ワールド」をそんな風に表現しているライナーノーツを見たことがあるけど、ほんとこの曲を説明するのにピッタリな表現。

私もファーストインパクトは名曲とまでは思わなかったけど、今はデュラン・デュランの曲で定期的に聴かずにはいられないほど依存症な曲の1つです。

 

 

ちなみに依存しているもう1曲は1982年にリリースされたオリエンタルな雰囲気のヒット曲「セイヴ・ア・プレイヤー(Save a Prayer)」

こちらもイントロが印象的な名曲ですよ。

 

↓Youtube【Duran Duran - Save A Prayer (Official Music Video)】

 

スポンサーリンク
おすすめの記事