①ブライアン・アダムスの幻のシングル

「クリスマス・タイム」はカナダが生んだロックスター、ブライアン・アダムスが1984年のクリスマスシーズンにファンクラブへの限定盤として発表した曲。

入手できなかったファンの間では高値で取引されることもあり、その後は通常のルートで販売されたもののあっという間に売り切れになってしまったそうです。

 

このブライアン・アダムスの幻のシングルは毎年クリスマスシーズンになると日本のラジオでもオンエアされ、ファンからの問い合わせが殺到。

その結果、日本が大好きなブライアンが日本のファンのためだけにCDのリリースを決めたということからもわかるように、ブライアンの日本に対する特別な感情が込められたクリスマスソングになっています。

 

コーラス部分はみんなで合唱したらクリスマス気分がMAXになりそうな感じだけど、日本の人にはサビの『Something about ~♪』の部分が早口すぎて歌いにくいかもしれませんね(笑)

 

↓Youtube【Bryan Adams - Christmas Time】

 

Songwriter(s)  - Bryan Adams,  Jim Vallance

We waited all through the year
For the day to appear
When we could be together in harmony
この日がやって来るのを
僕たちは一年中待っていたんだ

みんなが一緒に楽しく集まれる日を

 

You know the time will come
Peace on earth for everyone
And we can live forever in a world where we are free
Let it shine for you and me
そんな時がきっとやって来るよ
地球上のみんなが平和に暮らせる時がね
僕たちはずっと自由に暮らし続けることができるんだ

そんな日々をキミと僕のために輝かせよう

 

There's something about Christmas time
Something about Christmas time
That makes you wish it was Christmas everyday
To see the joy in the children's eyes
The way that the old folks smile
Says that Christmas will never go away
クリスマスには特別な何かがある
クリスマスの時期には何かがあるんだ
毎日がクリスマスだったらいいのにと思わせるものが
子供たちの瞳に映る喜びや
老人の微笑みを見ていると

クリスマスは決して終わらないと言っているみたいだ

 

We're all as one tonight
Makes no difference if you're black or white
'cause we can sing together in harmony
僕たちは今夜ひとつになる
肌の色が黒いとか白いとかは関係ないんだ

僕らは仲良く一緒に歌うことができるんだから

 

I know it's not too late
The world would be a better place
If we can keep the spirit
More than one day in the year
Send a message loud and clear
遅すぎることなんてない
この世界はさらに素敵な場所になるはずさ
僕らが1年のうちの1日だけじゃなく
もっとこの気持ちを持って

大きな声でハッキリとメッセージを伝えることができるなら

 

(繰り返し ★)

 

It's the time of year when everyone's together
We'll celebrate here on Christmas day
When the ones you love are there
You can feel the magic in the air - you know it's everywhere
それはみんなが集まって一つになるとき
クリスマスの日はここでお祝いをしよう
キミの愛する人はそこにいて

魔法にかけられたような不思議な力を感じるはずさ - そこらじゅうでね

 

There's something about Christmas time
Something about Christmas time
クリスマスには特別な何かがある

クリスマスの時期には何かがあるんだ

 

(繰り返し ★×2)

 

Please tell me
Christmas will never go away
どうか言ってほしい

クリスマスは決して終わりはしないんだと

 

 

②クリスマスソングの定番と比べても遜色ないクオリティ

当時、大学入学を機に上京していた私。この頃ブライアン・アダムスにハマっていたので、「クリスマス・タイム」を初めて聴いた瞬間からどうしてもCDが欲しくて欲しくてたまりませんでした。

だけど渋谷に行っても新宿に行っても、タワレコに行ってもHMVに行ってもどこにもCDは見当たらない。

それでもどうしても諦めきれなかったために発売元のポリドールに電話をかけてから近所のCDショップで手に入れたという、私にとって思い入れがかなり深い曲です。

まだネットが普及していない時代でしたからね。なかなか苦労しました…。

 

 

「クリスマス・タイム」は、ストレートなロックソングのイメージが強かったブライアン・アダムスがこんな曲を!?とビックリしてしまうくらいポップでピースフルな歌詞とメロディになっています。

ハスキーで渋いブライアンのボーカルも素晴らしい。

 

きっとシングルとして世界中で普通にリリースしていたら、

  • 「Last Christmas」…ワム
  • 「恋人たちのクリスマス」…マライア・キャリー
  • 「Happy Xmas (War Is Over)」…ジョン・レノン
  • 「White Christmas」…ビング・クロスビー

 

などと一緒にクリスマスのコンピレーションアルバムに収録されるくらいの曲になってたかもしれません。

 

 

2019年には「クリスマス・タイム」のミュージックビデオがYouTubeでようやく制作・公開されましたが、この時すでに1984年のリリースから35年も経ってるんですよね。

こんなに良いクリスマスソングなのに、どうしてもっと大きくプロモーションされなかったのか…謎ですね。

 

③ブライアン・アダムス ≠ ライアン・アダムス

ちなみにアメリカ出身のライアン・アダムスという名前の男性シンガーソングライターがいるんですが、あまりにも名前が似ているのでブライアン・アダムスと間違える人も多いかもしれませんね。

実際にライアンは2002年にアメリカで行われたライブでブライアン・アダムスの代表曲「Summer Of 69」を観客からリクエストされ、怒って追い出したこともあるらしいです。

勘違いしただけなのか、ふざけてリクエストしたのかはわかりませんけど。

でもライアンは2014年には同じくブライアン・アダムスの代表曲「Run to You」を演奏したり、2015年にはあんなに激怒していたはずの「Summer Of 69」を披露してます。

 

 

そしてなんとこの2人は、驚くことに誕生日が同じなんです。

  • Bryan Adams (ブライアン・アダムス)…1959年11月5日
  • Ryan Adams (ライアン・アダムス)    …1974年11月5日

 

なんか運命めいたものを感じませんか?ただの偶然なんでしょうけど…。

 

④邦楽なら「X'mas in the Blue (山本 英美)」がおすすめ

ところで邦楽でクリスマスに聴きたくなる曲と言えば、

  • 「クリスマス・イブ」…山下達郎
  • 「サイレント・イブ」…辛島美登里
  • 「クリスマスキャロルの頃には」…稲垣潤一
  • 「いつかのメリークリスマス」…B'z
  • 「白い恋人たち」…桑田佳祐

 

などが有名ですよね。

 

 

だけど私が一番好きなJ-POPのクリスマスソングは、山本英美さんが1987年12月にリリースしたシングル「X'mas in the Blue」という曲です。

ものすごくキャッチーで切ない曲なので、特に80年代、90年代のJ-POPが好きな人は高確率でハマると思いますよ!

 

↓Youtube【山本英美 X'mas in the blue】

 



おすすめの記事