スポンサーリンク

①イヤー・オブ・ザ・キャット/アル・スチュワート

  • 発売年:1976年
  • 収録アルバム:Year of the Cat
  • アルバム最高位:全米5位

シングルとしては1977年に全米で8位を記録するヒットになったアル・スチュワートの "イヤー・オブ・ザ・キャット" 。

アル・スチュワートは1967年にデビューしたシンガーソングライターで、歌詞は叙情的でストーリー性のあるものが多いのが特徴です。

クールなボーカルと楽曲の先進的なアレンジで特にアメリカで好意的に受け入れられました。

  1. Lord Grenville
  2. On The Border
  3. Midas Shadow
  4. Sand In Your Shoes
  5. If It Doesn't Come Naturally, Leave It
  6. Flying Sorcery
  7. Broadway Hotel
  8. One Stage Before
  9. Year Of The Cat

↓Youtube【The Year Of The Cat-Live /Al Stewart/ Album (The Best Of Al Stewart) (1976)】

②初めて聴いたのはカバーバージョン

実は、"YEAR OF THE CAT" を初めて聴いたのは他のアーティストにカバーされたバージョンの方が先でした。

大学生の時(今から20年くらい前)に購入したF.R DAVIDというフランス人アーティストのアルバム。

タイトル曲 "WORDS" 目当てで買ったんだけど、そのアルバムにたまたま収録されていたのがこの曲 "YEAR OF THE CAT" 。

もともとは "WORDS" が聴ければいいと思って買ったアルバムなので他の曲にはそんなに期待はしてなかったけど、大当たりでした。

カバーバージョンを先に聴いた時ってオリジナルも聴きたくなりません?

私はオリジナルのアレンジや雰囲気がどんな感じなのか知りたくなるタイプなので、必死に調べたけど全然情報が見つからない。

今だったらYouTubeで名前や曲名を検索したらすぐにライブ映像が見られたり、いろんな情報がゲットできたんでしょうけど。

当時はまだ西暦2000年くらい。

YouTubeが設立されたのは2005年なのでその頃はアル・スチュワートの "YEAR OF THE CAT" は聴いてませんでした。

スポンサーリンク

③情感たっぷりでソフトなボーカル

YouTubeが世界的に有名な動画共有ツールになってから、いろいろと音楽動画を見ていた時になんとなく思い出して "YEAR OF THE CAT" と検索。

たぶん動画は出てこないだろうなと思ってましたけど、私が思っている以上にアル・スチュワートは世界的に有名だったみたいで、いろいろなライブ映像を見ることができました!

F.RDAVIDがカバーした "YEAR OF THE CAT" は原曲のイメージを大きく変えない程度に、それでいて現代風にポップにアレンジされてます。

歌声は男性の声に聞こえないくらい透き通るような高温できれいな歌い方なので、F.RDAVIDのカバーバージョンの方が好きな方も多いかもしれません。

だけど個人的には情感たっぷりな、ソフトで優しい歌唱のアル・スチュワートのオリジナルバージョンの方が私は好みです。

④ピアノのリフが印象的

"YEAR OF THE CAT" は、イントロのピアノの印象的なリフが曲を通して効果的に繰り返されてます。

そこに絶妙に重なるアル・スチュワートのメランコリックなボーカル。

ギターやサックスのソロも素晴らしく、特にサックスのソロはこれでもかというほど感傷的で何度聴いても胸が熱くなってしまう。

歌詞に出てくる街並みの物悲しさを表現しているともとれるし、主人公の男の感情を代弁しているともとれる。

その悲しくも美しい音色の魅力は凄まじく、あっという間に曲の世界に深く引きずり込まれてしまいます。

ボーカルについては優しめというか、例えるなら音楽に合わせて歌詞を読み聞かせるような柔らかい歌い方。

好き嫌いは別れるかもしれませんが、この哀愁漂う曲にはこの語りかけるくらいの歌い方が私にはベストでした。

夢なのか現実なのかわからない独特の世界観は、力強すぎる声だと壊れてしまうような気がします。

⑤歌詞の世界観

猫の年に見知らぬ街に来た男が美しい女性と出会い、幻想的な雰囲気の街を案内され恋に落ちる。

けれども男はいずれこの街を去る日が来ることを予感している。

だいぶざっくりとまとめると歌詞の内容はそんな感じです。

情景は浮かべやすくて、どちらかというと具体的な歌詞だと思います。

でも歌の中にも頻繁に出てくる「猫の年」っていう意味だけが、初めて聴いた当時はちょっとよくわかりませんでした…。

ベトナムやタイ、チベットには「卯年」の代わりに「猫年」があるそうです。

中国語でウサギは「マオ」、ベトナム語では「メオ」で発音が似てるだとか、ベトナムではウサギよりも猫の方が身近な存在だからだとか、理由については諸説あるみたいですけどね。

 

↓Year of the Cat[Songwriter - Al Stewart, Peter Wood]

On a morning from a Bogart movie
In a country where they turn back time
You go strolling through the crowd like Peter Lorre

Contemplating a crime

ハンフリー・ボガートの映画から抜け出したような朝
時が過去に逆戻りしたような田舎の町で
犯罪を企むピーター・ローレのように

あなたは人ごみの中をぶらついている

 

She comes out of the sun in a silk dress running
Like a watercolor in the rain
Don't bother asking for explanations
She'll just tell you that she came

In the year of the cat

雨に滲んだ水彩画のような絹のドレスに身を包んだ彼女が現れ
日の光の中から走ってくる
説明を求めて困らせるのはやめた方がいい
彼女はただ「猫の年に来たの」

と言うだけだ

 

She doesn't give you time for questions
As she locks up your arm in hers
And you follow 'till your sense of which direction

Completely disappears

彼女はあなたの腕をつかみ
質問をする機会を与えてはくれない
そしてあなたは彼女についていく

どこに向かっているのか完全にわからなくなってしまうまで

 

By the blue tiled walls near the market stalls
There's a hidden door she leads you to
These days, she says, I feel my life
Just like a river running through

The year of the cat

市場にならんだ屋台の青いタイル壁のそばの
隠されたドアに彼女はあなたを導く
「この頃…」彼女は話し始める

「私の人生って、猫の年を流れる川のように思えるの」と

 

While she looks at you so cooly
And her eyes shine like the moon in the sea
She comes in incense and patchouli
So you take her, to find what's waiting inside

The year of the cat

あなたを見つめる彼女はとても涼しげで
瞳は海に浮かぶ月のように輝いている
その身にお香とパチョリの匂いを漂わせた彼女を連れ、
あなたはこの先何が待っているのかを見出そうとする

この猫の年に

 

Well morning comes and you're still with her
And the bus and the tourists are gone
And you've thrown away your choice you've lost your ticket

So you have to stay on

朝になってもまだあなたは彼女と一緒にいる
バスも観光客ももう行ってしまった
選択肢も放り投げてしまったし、チケットも見つからない

ここにとどまるしかないんだ

 

But the drumbeat strains of the night remain
In the rhythm of the new-born day
You know sometime
you're bound to leave her
But for now you're going to stay
In the year of the cat

Year of the cat

新しい一日のリズムは
昨夜のドラムの響きを引きずっている
いつかは彼女のもとを去らなければいけない
だけど今はまだここにとどまろう
この猫の年に

猫の年に

スポンサーリンク
おすすめの記事